専業アフィリエイターの私生活を綴ったブログです。 体験こそが資産となる。体験をマネタイズしていくブログ。

専業アフィリエイター孔雀のつぶやき

ブログ内検索

動画配信サービス

U-NEXT(ユーネクスト)の評判は?サービスの特徴と実際に利用した使い心地を徹底解説

更新日:

こんにちは、専業アフィリエイターの孔雀です。

この記事では、U-NEXTのサービス内容の紹介と、実際に5年以上利用している私が感じたU-NEXTの使い心地について解説していきたいと思います。

U-NEXTとは、株式会社U-NEXT(ユーネクスト)が提供している、月額1,990円(税別)で利用できる動画配信サービス(VOD)です。

映画からアダルトまで、約140,000作品以上の幅広いジャンルの動画を配信しています。

今回は、U-NEXTが月額料金に見合うサービスになっているのか?そして、U-NEXTをおすすめできる人と、おすすめできない人の特徴についても解説していきたいと思います。

実際に利用しているU-NEXTの評価は?料金に見合うサービスになっているのか?

実際に5年以上利用している私が感じる、U-NEXTの売りとなるサービスは、以下の通りです。

U-NEXTの売りとなるサービス内容

  • 幅広いジャンルと国内NO.1の見放題配信数
  • 毎月1,200ポイント(1,200円相当)がチャージされる
  • 1つの契約で4アカウントまで作成可能
  • 高画質・高音質で配信

幅広いジャンルと国内NO.1の見放題配信数

U-NEXTを利用するにあたってのネックとなっているのが、月額1,990円(税別)という利用料金の高さです。

これだけの料金を支払うには、それに見合ったサービスでなければ利用する価値はありません。

他のサービスと比較して、U-NEXTの売りになっているのは、幅広いジャンルと国内NO.1の見放題動画の配信数です。
(※GEM Partners株式会社の2019年5月度の集計において、主要動画配信サービスのなかで、U-NEXTは「見放題作品数No.1」を獲得しています。)

U-NEXTのような定額動画配信サービスのメリットは、月額料金内で、いかに課金なく、たくさんの作品が観れるのかが一番のポイントです。

例えば、Amazonプライムビデオ、dTVなども、U-NEXTに負けないくらいの配信数を誇っていますが、その中で課金しないと観れない作品が数多くあります。

もちろん、U-NEXT内でも課金しないと観れない動画はありますが、Amazonプライムビデオ、dTVと比べると、明らかに少ないです。

月額料金内で観れる作品数で言えば、U-NEXTはかなり優れています。

しかも、日々、配信作品数が増えていってるので、見飽きるといったことはないはずです。

毎月1,200ポイント(1,200円相当)がチャージされる

U-NEXTの会員になると、毎月1,200ポイント(1,200円相当)がチャージされます。

このポイントは、U-NEXT内にある課金動画、電子書籍の購入、または映画館のチケット割引に使えます。

なので、月額1,990円(税別)を支払っても、実質は毎月790円の利用料金でサービスを受けてるのと同じです。

1つの契約で4アカウントまで作成可能

例えば、4人家族であれば、1つの契約(月額1,990円)で、一人一人が専用のアカウントをそれぞれ作ることができます。

そして、同じ作品でなければ、同時視聴も可能です。

なので、1人で利用するよりも4人で共有して使ったほうが、かなりお得な使い方ができるということです。

しかも、アカウントごとにマイリストが作成可能で、他のアカウントからの視聴履歴が見れないようになっているので、一人一人が安心して動画を楽しめます。

高画質・高音質で配信

U-NEXTでは、Blu-ray Discに相当する高画質HD(1080p)配信に対応していて、4K対応の作品では4Kにて配信されます。

そして、映画館で使用されている音響と同じサラウンドシステムである、ドルビーオーディオ・ドルビーアトモスにも対応しています。

画質と音質に関しては、申し分なく楽しむことができます。

U-NEXTのサービス内容は?

料金月額1,990円(税別)
動画本数14万本(見放題作品9万本、レンタル作品5万本)
※2019年1月時点
ジャンル映画、ドラマ、アニメ、バラエティ、音楽、ドキュメンタリー、アダルト
無料お試し期間31日間
ダウンロード機能有(ダウンロード本数は無制限)
同時視聴人数4人まで(※同じ作品の同意視聴は不可)
デバイステレビ(Amazon fire tv)/スマートフォン・タブレット/ゲーム機/パソコン

U-NEXTに関する悪い評判・口コミの真意

U-NEXT関する悪い評判・口コミに多いのが、解約手続きをしたにも関わらず、利用料金が請求されたというもの。

その原因として考えられるのは、以下の3つです。

解約後に請求が来る主な原因

  • 解約手続きをしっかり行っていない
  • 次月に入ってから解約手続きをしている
  • 決済方法による支払いタイミングにズレが生じている

解約手続きをしっかり行っていない

そもそも解約手続きをしっかり行っていない方が多いようです。

解約手続きの画面をしっかりと確認して進めていけば、簡単に解約できます。

⇒「U-NEXTの解約方法の手順

次月に入ってから解約手続きをしている

U-NEXTの利用料金が確定されるのは、毎月1日です。

1日以降に解約すれば、その月の利用料金が、その時点で確定されてしまいます。

決済方法による支払いタイミングにズレが生じている

基本的にU-NEXTの利用料金は、前月利用分を翌月に請求する形になります。

そして、解約してから、最後の月の利用料金が請求される日は、決済方法によって変わってきます。

また、決済する時に請求できないような状態(一時的な利用制限がされているなど)にしていると、解約してから数か月間後に請求されるケースもあります。

U-NEXTを利用するデメリットは?

実際に5年以上利用していますが、U-NEXTを利用するデメリットはただ1つ。

  • 月額利用料金が高い
  • サービス内容に関する不満点は全くありませんが、やはりここが一番気になるポイントです。

    毎月チャージされる1,200ポイントをどう使いこなせるかによって、月額1,990円の利用料金もお得に感じられるのではないかと思います。

    U-NEXTをおすすめする人、おすすめしない人の特徴は?

    実際に5年以上U-NEXTを利用してきた私が、U-NEXTの会員になって楽しめる人と、そうでない人の特徴をまとめてみたいと思います。

    U-NEXTをおすすめできる人

    U-NEXTを楽しめる人の特徴

    • 映画、海外ドラマ(韓流ドラマ含む)を見放題で観まくりたい人
    • とにかくアダルト動画を見放題で観まくりたい人

    映画、海外ドラマ(韓流ドラマ含む)をメインに観まくりたいという方は、U-NEXTが一番楽しめます。

    そして、アダルトの見放題動画も豊富に揃っているので、アダルトメインで利用しても十二分に楽しめるのではないかと思います。

    U-NEXTをおすすめできない人

    U-NEXTを楽しめるない人の特徴

    • 新作映画しか観ない人
    • 国内ドラマを見放題で観まくりたい人

    旧作の映画は豊富に揃っていますが、新作映画をメインに視聴したいと考えている方は、U-NEXTはおすすめしません。

    U-NEXTで配信されている新作映画は、ほぼ都度購入が必要で、わざわざ月額料金を支払って利用する価値はないです。

    新作映画をメインに視聴したいのであれば、レンタルDVDを借りたほうがいいです。

    そして、国内ドラマの視聴を期待している方も、U-NEXTに加入する意味があまりないかなあと思います。

    U-NEXTで配信されている国内ドラマは、入れ替わりが激しいのですぐ観れなくなってしまうケースがほとんどです。

    なので、国内ドラマを視聴する場合は、FODプレミアムhuluParaviといった、テレビ局が提供している動画配信サービスに加入したほうがいいです。

    まとめ

    今回は、U-NEXTのサービス内容の紹介と、実際に5年以上利用している私が感じた使い心地について解説してみました。

    U-NEXTの月額料金の高さが気になりますが、映画からアダルトまで、約140,000作品以上の幅広いジャンルの動画を配信していることを考えると、料金に見合うサービスになっていると思います。

    ただ、1つだけ注意してほしいのは、新作映画をメインに視聴するためにU-NEXTに加入するのはやめておいたほうがいいということです。

    旧作の映画、海外ドラマ(韓流ドラマ含む)、アダルト動画なの見放題なら、U-NEXTに加入する価値は十二分にあると思います。

    実際にサービスを体験したいと思う方は、31日間無料お試し登録(初回登録者のみ)を活用してみるといいと思います。

    • この記事を書いた人

    孔雀

    2004年にアフィリ業界に参入。 2017年から脱サラし、専業アフィリエイターに転職。 ほぼ独学でSEO、マーケティングを学び、2018年6月にアフィリエイトのみで月収50万円を達成。 誰にも縛られない自由な生活を求めて日々精進中。 最終目標は、何もせずに収入が入ってくる不労所得を作り出すこと。

    -動画配信サービス

    Copyright© 専業アフィリエイター孔雀のつぶやき , 2020 All Rights Reserved.

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。