専業アフィリエイターの私生活を綴ったブログです。 体験こそが資産となる。体験をマネタイズしていくブログ。

専業アフィリエイター孔雀のつぶやき

未分類

FITMATEの懸垂マシンを購入したので、組み立て方と使い心地をレビューするよ

投稿日:

こんにちは、専業アフィリエイターの孔雀です。

この記事では、先日Amazonで購入した、FITMATEの懸垂マシン「改良版 ぶら下がり健康器具」のレビューを書いてみたいと思います。

今年に入ってから、肩こりによる”めまい(?)”が頻繁に起きるようになってきました。

おかげで、仕事のやる気と能率が下がって、人生が楽しめない状態に。

なんとか、前の健康体に戻ろうと食生活の改善を試みるもうまくいかず、よく考えてみると筋肉の量が減ってきたせいなのかなあ、と考えるようになってきました。

40の半ばを過ぎてくると、知らないうちに筋力の低下が著しくなってくるんですよ。

そんな理由から、もう少し筋力量を増やしたいと思い、この懸垂マシンを購入したわけです。

もし、これからFITMATEの懸垂マシン「改良版 ぶら下がり健康器具」を購入しようか迷っている方がいれば、参考にしていただけたらなあと思います。

それでは、さっそく本題に入っていきますね。

スポンサーリンク

なぜ、数ある懸垂マシンからFITMATEの「改良版 ぶら下がり健康器具 懸垂マシン」を購入したのか?

単純に、私が購入したいと思った時に、FITMATEの「改良版 ぶら下がり健康器具 懸垂マシン」がベストセラー1位になっていたからですw

単純な理由で申し訳ないのですが、これが意外に大切なことです。

玄人の方は細かい部分までよく吟味して購入するのでしょうが、私のようなに初めて懸垂マシンを購入するような人間にとっては、みんなが「いい」と評価したものを買うのが一番正しい選択。

だって、吟味できるものがそれくらいしかないのですから、仕方のないことです。

なので、迷わず「今すぐ買う」をクリックして即買いです。

FITMATEの懸垂マシンを購入する前に置き場所をよく考えておこう

画像を見てもらうとわかりますが、結構本格的な作りになっていて、重量感もあります。

そして、実際に組み立てて完成した懸垂マシンを目の当たりにすると、画像で見る印象よりも大きく感じます。

なので、狭い部屋に置くと意外にスペースを取られるので、これから置こうとする場所のサイズをよく確認した上で購入したほうがいいですね。

FITMATEの懸垂マシンを購入する前に置き場所をよく考えておこう

ちなみに、土台の足の部分のサイズは、以下の大きさです。

縦100センチ×横65センチ

意外に、奥行き(縦)があります。

高さは、7段階に調節可能(165センチ~210センチ)なので、普通の一般的な部屋なら問題はないですね。

なので、土台の足の部分のサイズだけでも購入する前に置けるかどうかを確認しておいたほうがいいと思います。

FITMATEの懸垂マシンを組み立てる時の注意点

しっかりとした作りになっているので、1つ1つのパーツの重量感が結構あります。

長ひょろい1つのダンボールに梱包されてくるのですが、それが結構重いです。

女性の場合だと、そのダンボールごと持ち運ぼうとすると厳しいですね。

なので、ダンボールからパーツを1つ1つ取り出して運ぶのがいいと思います。

組み立て自体は、そんなに難しいところはありません。

だいたい、30分~1時間くらいあれば組み立てられます。

ただ1つ、組み立てる時に注意しておきたいところがありました。

どのネジを使えばいいのかがわからなくなる(!?)

同じ大きさで長さの違うネジがあったりして、どこでどのネジを使えばいいのかがわからなくなります。

取扱説明書には、パーツごとに使うべきネジが番号で表示されていますが、正直どのネジのことを指しているのか判別できません。

なので、組み立てる前に取扱説明書に書いてあるパーツリストを見ながらネジを種類別にまとめておいたほうがいいですね。

そして、組み立て時にネジの番号と数量を照らし合わせていけば、どのネジを使えばいいのかがわかると思います。

FITMATEの懸垂マシンを組み立てる時の注意点

後は、説明書に書いてある手順通りに組み立てていけば、問題なく完成するはずです。

女性でも普通に組み立てられると思います。

ただ、もう1つだけ注意点を書いておくと、1つ1つのパーツをネジで固定していく際に、最初からガチガチにネジを締めてしまうと最後の方でネジ穴がズレてきます。

なので、最初はネジを緩めに締めておき、きつく締めるのは完成してからにしてください。

完成したFITMATEの懸垂マシンの感想と使い心地は?

見た感じも、ジムに置いてあるような高級感が漂っていますし、これといって問題になるようなところはないですね。

ただ1つ問題を挙げるとすれば、私の部屋のようなタタミのある和室には合わないということでしょうかw

でも、洋室のフローリングにはぴったり合います。

使い心地もいいです。

安定感もあります。

FITMATEの懸垂マシンは、懸垂(チンニング)だけでなく、ディップス(上半身のスクワット)のトレーニングもできるので、本格志向の懸垂マシンです。

なので、自宅に居ながら上半身を本格的に鍛えたいという方にでも申し分のない懸垂マシンだと思います。

まとめ

今回は、先日Amazonで購入した、FITMATEの懸垂マシン「改良版 ぶら下がり健康器具」のレビューを書いてみました。

今年は少し筋肉量を増やして、20代の頃に感じていた、やる気に満ちた体に作り変えていきたいと思います。

「最近、疲れてるなあ・・・・人生が楽しくないなあ。」と感じている方は、運動して体を鍛えると、逆に元気が出てきますよ。

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 専業アフィリエイター孔雀のつぶやき , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。