専業アフィリエイターの私生活を綴ったブログです。 体験こそが資産となる。体験をマネタイズしていくブログ。

専業アフィリエイター孔雀のつぶやき

ブログ内検索

ブログ運営

WordPress(ワードプレス)ブログの作り方を超初心者向けに解説

更新日:

こんにちは、専業アフィリエイターの孔雀です。

この記事では、これからWordPress(ワードプレス)ブログを運営する超初心者向けに、WordPressブログの作り方を1からわかりやすく解説していきたいと思います。

WordPressブログは、ドメイン取得、レンタルサーバーとの契約など、やや準備に手間がかかるため敬遠されがちですが、ブログをビジネスとして運営していく場合には必ず作っておくべきものです。

アドセンスなどの広告収入を得るためには、もはやWordPressがないと始まりません。

はじめは、「自分には難しそう。自分にできるだろうか?」など不安に感じてしまうかもしれませんが、実際に作ってみるとそんなに難しいことではありません。

WordPressを使ってブログを運営できるようになると、無料ブログにはないたくさんのメリットを得ることができます。

作るべきか迷っているなら今すぐ作ってしまったほうがいいです。

今回は、WordPressブログの作り方を1からわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

WordPress(ワードプレス)ブログで運営するメリット

まずは、WordPressのメリットを簡単に説明しておきます。

ブログを運営しようと思った場合、選択は2つしかありません。

それは、無料ブログか?WordPressか?という2つの選択肢です。

そして、2つのブログの大きな違いは、無料でできるものと、有料じゃないとできないものです。

大抵の人は、「無料でできる無料ブログを選択したほうが得じゃん。」と思うでしょうが、実は無料ブログはデメリットが多いです。

無料ブログWordPress
広告収入の制限制限あり(アドセンス不可)制限なし
削除リスクありなし
上位表示の狙いやすさ×

アドセンス狙いなら、WordPressはもはや必須です。

無料ブログの一番のデメリットは、運営会社からの削除リスクです。

規約に反する運営をすると、容赦なくブログ自体が削除されることがあります。

しかも、規約の内容もその都度変更されていくので、常に規約をチェックしながら窮屈なブログ運営を強いられてしまいます。

そして、無料ブログのもう一つの欠点は、検索エンジンからの評価がうまく受けられない点です。

無料ブログでは、広告費がそこそこ高いキーワードでの上位表示はほぼ無理と言えます。

その点、WordPress(ワードプレス)ブログで運営するメリットは大きいです。

WordPress(ワードプレス)ブログで運営するメリット
  • 削除リスクがないため、自由なブログ運営が可能
  • きちんとブログを育てていけば、検索エンジンからの評価が上がり、上位表示を狙いやすい

WordPress(ワードプレス)ブログを作るためにかかる費用

WordPressのブログを作るためには、独自ドメインの取得と、レンタルサーバーの契約が必要です。

1つの独自ドメイン取得にかかる料金は、約1円~1,500円(年間更新料、約1,000円~1,500円)。

WordPress(ワードプレス)ブログを作るためにかかる費用

そして、レンタルサーバーが初期設定費3,000円、毎月約1,200円(毎月払いの場合)の利用料金がかかります。(エックスサーバーのX10プランの場合)

レンタルサーバーの契約&ドメイン取得

私がオススメしているのは、エックスサーバーと契約して、ドメインの取得も同時に済ませてしまう方法です。

エックスサーバーの管理画面から、取得したドメインを一括管理できるので、非常に便利です。

そして、ネームサーバーの複雑な設定も省かれるので、とても楽です。

しかも、WordPress自動インストール機能も付いています。

これから説明する手順に従っていけば、そんなに難しいことはないはずです。

それでは、エックスサーバーの契約からドメイン取得までの一連の流れを、わかりやすく解説していきたいと思います

エックスサーバーと契約

まず、エックスサーバーと契約をします。

ドメイン取得&レンタルサーバーの契約

お申し込み画面から「新規お申し込み」をクリックし、必要事項を記入します。

プランは、一番安い「X10」を選択します。

ちなみに、「X10」でも、50個分のWordPressブログが作成可能です。

ドメイン取得&レンタルサーバーの契約

契約から10日間は、お試し期間です。

お試し期間中に、自らで継続手続きをしないと契約がキャンセルされるので気を付けてください。

契約が完了したら、次はドメインの取得です。

ドメインの取得

エックスサーバーの管理画面(インフォパネル)の左にあるメニュー「契約関連」の「サービスお申し込み」をクリックします。

ドメイン取得&レンタルサーバーの契約

ドメイン」の「新規申し込み」をクリックします。

ドメイン取得&レンタルサーバーの契約

利用規約に同意すれば、ドメインの取得ができるようになります。

レンタルサーバーの契約&ドメイン取得

ドメイン名が決まったら、登録年数を「1年」、「エックスサーバーを設定する (標準)」にチェックが付いていることを確認して、「お申し込み内容の確認・料金のお支払い」クリックします。

支払い方法は、以下の4つから選べます。

支払い方法
  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • コンビニエンスストア
  • ペイジー

支払いが完了すれば、独自ドメインの取得が完了です。

エックスサーバーの管理画面(インフォパネル)の「契約情報」→「ドメイン」から、取得したドメインが表示されていれば取得完了です。

レンタルサーバーの契約&ドメイン取得

次に、取得したドメインをエックスサーバーに設定する作業です。

エックスサーバーにドメインを設定する

エックスサーバーの管理画面(サーバーパネル)の「ドメイン設定」をクリックします。

エックスサーバーにドメインを設定する

ドメイン設定追加」をクリックします。

エックスサーバーにドメインを設定する

取得したドメインを入力し、「確認画面へ進む」をクリックします。

(2つのチェックボックスにチェックが入っていることを確認します。)

エックスサーバーにドメインを設定する

追加する」をクリックします。

エックスサーバーにドメインを設定する

これで、取得したドメインをエックスサーバーに設定する作業は完了です。

設定が反映されるまで数時間~24時間くらいかかりますので、しばらく待ちます。

取得したドメインのURLをプラウザに入力して、以下のような画面に切り替われば設定完了です。

エックスサーバーにドメインを設定する

次に、取得したドメインを使って、エックスサーバーにWordPressをインストールする作業です。

取得したドメインを使ってエックスサーバーにWordPressをインストールする

エックスサーバーの管理画面(サーバーパネル)の左にあるメニュー「設定対象ドメイン」を取得したドメインに設定し、「WordPress簡単インストール」をクリックします。

取得したドメインを使ってエックスサーバーにWordPressをインストールする

WordPressインストール」をクリックします。

取得したドメインを使ってエックスサーバーにWordPressをインストールする

ブログ名」「ユーザ名」「パスワード」「メールアドレス」を入力し、「確認画面へ進む」をクリックします。

ちなみに、ここで設定する「ユーザ名」「パスワード」は、WordPressの管理画面にログインする時に入力するものです。

忘れないようにメモを取っておきましょう。

取得したドメインを使ってエックスサーバーにWordPressをインストールする

インストールする」をクリックします。

取得したドメインを使ってエックスサーバーにWordPressをインストールする

WordPressのインストールが完了すると、以下のような画面になります。

取得したドメインを使ってエックスサーバーにWordPressをインストールする

WordPressの管理画面のリンク先をクリックし、ログインIDとパスワードを入力してログインすると、WordPressの管理画面が表示されるようになります。

取得したドメインを使ってエックスサーバーにWordPressをインストールする

次に、SSLの設定です。

エックスサーバー側でSSLの設定を行う

SSLの設定とは、ブログのアドレス(URL)をhttp~からhttps~に変更することです。

今は必須の設定になっているので、ブログを書き始める前に必ず設定しておきましょう。

エックスサーバーのサーバーパネルの[ドメイン]→[SSL設定]をクリックします。

エックスサーバー側でSSLの設定を行う

ドメイン選択画面が表示されるので、SSL設定したいドメインの[選択する]をクリックします。

上にある[独自SSL設定追加]をクリックし、[追加する]をクリックします。

エックスサーバー側でSSLの設定を行う

これで、エックスサーバー側でのSSL設定は完了です。

反映までにしばらく時間がかかるので、気長に待ちましょう!

プラウザのアドレスバーにhttps~のアドレスを入力して、以下のように表示されればSSL化は完了です。

WordPressの管理画面からSSLの設定を反映させる

次に、WordPress側のSSLの設定を行います。

WordPressの管理画面からSSLの設定を反映させる

WordPressの管理画面の「設定」→「一般」をクリックします。

WordPressの管理画面からSSLの設定を反映させる

WordPress アドレス (URL)」と、「サイトアドレス (URL)」のアドレス(URL)をhttp~からhttps~に変更します。

WordPressの管理画面からSSLの設定を反映させる

変更したら、一番下にある「変更を保存」をクリックします。

すると、https~の管理画面に切り替わるので、もう一度ログイン情報を入力してログインし直します。

取得したドメインを使ってエックスサーバーにWordPressをインストールする

以上で、WordPressブログの作成が完了です。

これで、WordPressの管理画面からブログ記事が書けるようになります。

まとめ

今回は、これからWordPress(ワードプレス)ブログを運営する超初心者向けに、WordPressブログの作り方を1からわかりやすく解説してみました。

一度作り方を覚えてしまえば、簡単に作成できるはずです。

WordPressの運営に慣れてきたら、複数のWordPressブログを管理してみるのも面白いです。

エックスサーバーの一番安いプラン「X10」を1つ契約しておけば、1つのサーバーで50個分のWordPressブログが作成でき、まとめて管理することができます。

WordPressでの記事の書き方から投稿までの基本的な手順を解説

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

孔雀

2004年にアフィリ業界に参入。 2017年から脱サラし、専業アフィリエイターに転職。 ほぼ独学でSEO、マーケティングを学び、2018年6月にアフィリエイトのみで月収50万円を達成。 誰にも縛られない自由な生活を求めて日々精進中。 最終目標は、何もせずに収入が入ってくる不労所得を作り出すこと。

-ブログ運営
-

Copyright© 専業アフィリエイター孔雀のつぶやき , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。