専業アフィリエイターの私生活を綴ったブログです。 体験こそが資産となる。体験をマネタイズしていくブログ。

専業アフィリエイター孔雀のつぶやき

ブログ内検索

動画配信サービス

映画(洋画・邦画)の見放題配信が多いおすすめ動画配信サービス比較

更新日:

この記事では、映画(洋画・邦画)の見放題配信が多いおすすめの動画配信サービスを紹介していきます。

この記事を読めば、どこの動画配信サービスを利用すればあなたが観たい映画を見放題でたくさん楽しめるのかについて知ることができます。

自分に合ったおすすめの動画配信サービスを見つけるための参考にしてください。

映画(洋画・邦画)の見放題配信が多いおすすめの動画配信サービス比較ランキング

まずは、見放題で配信している映画作品が比較的に多い、3つの動画配信サービスを紹介します。

私が実際に使ってみても、この3つの動画配信サービスを押さえておけば他のサービスは必要ありません。

配信されている映画の数や種類は、動画配信サービスによって違いがあります。

そして、どの動画配信サービスを利用しても被ってくる映画も当然出てきます。

なので、各動画配信サービスが配信している映画の傾向を知っておくことが大切です。

下のランキングは、私自身が実際に利用してみた判断を元にして順位付けをしています。

第1位:U-NEXT

U-NEXT

U-NEXTで配信されていない見放題映画はどの配信サービスでも取り扱っていないと思えるくらいのラインナップです。

とにかく、見放題で配信している映画の本数が多いのは、このU-NEXTです。

新作から旧作に至るまで幅広い映画が配信されています。

洋画と邦画のバランスも良く、ジャンルも豊富に取り揃えている感じです。

見放題作品とポイント購入作品が混在していますが、それでも見放題作品がたくさん配信されています。

⇒「U-NEXT(ユーネクスト)のサービスの特徴と実際に利用した使い心地を徹底解説

映画作品数画質ダウンロード月額料金(税別)お試し期間
12,000作品HD、4K1,990円31日間

第2位:Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオは、映画の配給会社との契約数が最も多いと思われる動画配信サービスです。

ただし、配信作品数が多い反面、購入しないと観れない映画がたくさんあるので、見放題にこだわって選ぶ場合には少し難があります。

しかし、U-NEXTで配信されていないコアな見放題映画がAmazonプライムビデオで配信されている場合もあります。

洋画と邦画のバランスもいい感じです。

⇒「Amazonプライムビデオの見方は?サービス内容と何をどうすれば視聴できるのか?

映画作品数画質ダウンロード月額料金(税別)お試し期間
非公開HD、4K年会費4,900円(実質月額408円)30日間

第3位:hulu

hulu

U-NEXT、Amazonプライムビデオと比較すると、配信されている映画作品数が劣ります。

しかし、U-NEXT、Amazonプライムビデオなどで配信されていない見放題映画もあるので、決して侮れない動画配信サービスでもあります。

私が利用してみて思ったのは、洋画よりも邦画に強い印象を受けました。

ちなみに、huluは購入動画がなく、すべて見放題の映画作品しか配信されていません。

日本テレビ系で放送されたテレビ番組、海外ドラマなども同時に楽しみたいという方向けの動画配信サービスと言えます。

⇒「hulu(フールー)の評判は?サービスの特徴と実際に利用した使い心地を徹底解説

映画作品数画質ダウンロード月額料金(税別)お試し期間
非公開HD933円14日間

動画配信サービス別-映画のジャンルによる見放題配信比較-

映画のジャンルごとに、どの動画配信サービスで見放題配信されているかどうかをチェックしてみました。

基本的に、U-NEXT、Amazonプライムビデオは公開から間のない新作映画に関しては購入して観る形になっており、見放題で視聴できる映画は公開からある程度経過した作品のみになっています。(huluはすべて見放題)

なので、月額料金を支払って会員になれば、新作映画すべてが見放題で視聴できるわけではありません。

そして、ジャンルによって(監督、キャスト、映画会社などによって)配信に偏りがあることも否めません。

また、動画配信サービスによって配信期間(ライセンスの問題?)が設定されているため、突然観れなくなることもあります。

なので、現時点で配信されている映画がいつまでも観れるとは限りません。

〇・・・見放題配信
×・・・未配信
購入・・・ポイント購入で配信

洋画アカデミー受賞作品を見放題でたくさん観れる動画配信サービス

1940年に受賞した映画「レベッカ」がU-NEXTで見放題配信されていることに驚きましたが、歴代アカデミー受賞作品の見放題配信はU-NEXTが一番多く配信されているようです。

(2019年6月時点)

作品名U-NEXTAmazonプライムビデオhulu
レベッカ(1940年)××
イヴの総て(1950年)××
アパートの鍵貸します(1960年)××
パットン大戦車軍団(1970年)購入×
普通の人々(1980年)購入×
ダンス・ウィズ・ウルブズ(1990年)××
グラディエーター(2000年)×購入×
英国王のスピーチ(2010年)×

洋画興行収入ランキング上位作品を見放題でたくさん観れる動画配信サービス

U-NEXTでも購入しないと観れない作品もありますが、見放題にこだわるとやはりU-NEXTが強いです。

(2019年6月時点)

作品名U-NEXTAmazonプライムビデオhulu
タイタニック(1997年)購入
ハリー・ポッターと賢者の石(2001年)購入購入×
E.T.(1982年)×購入×
アバター(2009年)購入
アルマゲドン(1998年)購入×
ジュラシック・パーク(1993年)購入×
ラストサムライ(2003年)×
スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス(1999年)購入購入×

洋画人気監督作品を見放題でたくさん観れる動画配信サービス

海外の人気監督ごとに、どのくらいの作品が見放題になっているのかを調べてみました。

ちなみに、本数は見放題で視聴できる映画の数です。

都度購入も含めればAmazonプライムビデオが一番多く配信されていましたが、見放題配信となるとやはりU-NEXTが一番多く配信されていました。

(2018年12月時点)

監督名U-NEXTAmazonプライムビデオhulu
コーエン兄弟8本3本2本
リチャード・リンクレイター6本5本2本
マーティン・スコセッシ9本7本1本
ウェス・アンダーソン4本0本0本
クエンティン・タランティーノ5本0本0本
クリストファー・ノーラン3本3本2本
アルフォンソ・キュアロン3本0本1本
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ2本0本0本
スティーヴン・スピルバーグ16本6本10本

邦画アカデミー受賞作品を見放題でたくさん観れる動画配信サービス

邦画の有名どころは、U-NEXTよりもhuluのほうが強いですね。

(2019年6月時点)

作品名U-NEXTAmazonプライムビデオhulu
幸せの黄色いハンカチ(1978年)×購入
蒲田行進曲(1983年)購入
マルサの女(1988年)×××
シコふんじゃった。(1993年)購入×
鉄道員(ぽっぽや)(2000年)購入
半落ち(2005年)購入
沈まぬ太陽(2010年)
永遠の0(2015年)××

邦画興行収入ランキング上位作品を見放題でたくさん観れる動画配信サービス

宮崎駿作品はどの動画配信サービスでも配信されていませんでした。

(2019年6月時点)

作品名U-NEXTAmazonプライムビデオhulu
千と千尋の神隠し(2001年)×××
君の名は。(2016年)購入購入×
踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年)購入×
南極物語(1983年)購入×
子猫物語(1986年)×××
天と地と(1990年)購入×
ROOKIES -卒業-(2009年)×
STAND BY ME ドラえもん(2014年)××

邦画人気監督作品を見放題でたくさん観れる動画配信サービス

邦画の見放題もU-NEXTが強かったです。

意外だったのは、Amazonプライムビデオよりもhuluのほうが見放題として多くの作品が観れるというところです。

(2018年12月時点)

監督名U-NEXTAmazonプライムビデオhulu
黒澤明27本2本5本
深作欣二38本4本20本
山田洋次93本32本102本
三池崇史19本9本12本
福田雄一7本8本8本
三谷幸喜0本6本0本
押井守2本0本3本
新海誠4本0本3本
神代辰巳15本0本0本

まとめ

映画(洋画・邦画)の見放題配信が多いおすすめの動画配信サービスを紹介してみました。

動画配信サービスは他にもたくさん存在していますが、見放題で映画を観ることに的を絞ると、上で紹介した3つの動画配信サービスの内の1つに登録しておけば十分楽しめます。

上で紹介した3つの動画配信サービスでも、配信されている映画の種類に偏りがあります。

なので、各動画配信サービスの特徴や、配信されている映画の傾向を知っておくことが大切ではないかと思います。

上で紹介した3つの動画配信サービスすべてにおいて無料お試し登録が可能なので、実際に利用してから1つに絞るのがいいかもしれません。

  • この記事を書いた人

孔雀

2004年にアフィリ業界に参入。 2017年から脱サラし、専業アフィリエイターに転職。 ほぼ独学でSEO、マーケティングを学び、2018年6月にアフィリエイトのみで月収50万円を達成。 誰にも縛られない自由な生活を求めて日々精進中。 最終目標は、何もせずに収入が入ってくる不労所得を作り出すこと。

-動画配信サービス
-

Copyright© 専業アフィリエイター孔雀のつぶやき , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。